アニメ視聴歴15年の僕がアニメで人生をもっと楽しくする方法を語るブログ!

ウェーイ系からアニメおたくになり同人に手を出し、コミケも行ったが結婚をすることになり落ち着いて今はアニメばっか見てるおっさんが好き勝手書いています

MENU

アニメブログで利益を上げる方法について考えてみた

f:id:anime9:20170813121803j:plain

 

こんにちは、オタキューです!

 

今回もアニメの楽しさを伝えるためにブログを書きますね!

 

ブログで飯を食う!っていうのに憧れる人が増えてきました。

 

なんか楽そう…なんてあなたも思うかもしれませんが、意外と考えることが多く割とマジでやらないと基本的に稼ぐことなど不可能です。

 

本当に、なんかブログで働かずに月収100万とか、なんか普通に言ってるけどなかなかできるもんではない。まあ、当たり前の話なんですが。

 

そこらへんをちゃんと理解したほうがいいと思います。

 

ちゃんとした知識と、経験と、道具と、センスが必要なんですが、そういったことを軽視してぱぱっとブログ作れば利益が上がるのだと信じている人が多い。

 

今回はそこら辺を正す意味でお話ししようと思います。

前提の前提で必要なスキル

ブログで重要なスキルは何だと思いますか?

 

答えはライティング力なのですが、これは文章を書く習慣がないと身につかないことになっています。

 

そして、面白い文章を書くために必要なのも文章を書く量によって決まります。

 

文章をスムーズに書いていくのに必要な物はキーボード、つまりブログを書くためには最低限パソコンが必要ということです。

 

最近では、スマホでもブログ書いてUP出来るようになってますからね、まあそれでもいいんですけど文章構成を考える為にはPCで打ち込むことが必要不可欠です。

 

なぜかと言うと、タッチタイピングにより無意識のうちに文章をどんどん書けることが勢いのある文章を書くことに直結するからです。

 

だから有名なブロガーなんかは、キーボードを高価で性能がいいものを購入し使っている人も多いです。

 

それでカタカタカタッと入力すると。

 

僕は基本的にiPadを外で使う事が多いので、無線キーボードを購入しそれで打ち込んでいます。

 

ノートパソコンが高いので…、本当はMacBookが欲しいですけど!

 

さて、話を戻してちょっとまとめると、ブログを書く前の前段階として必要なことを列挙しますと以下のようになります。

 

①パソコン(デスクトップ)を買う。
②固定回線を契約する。wifiとかではなく、ADSL光回線などを利用。
タッチタイピングを出来るようにする。
④本を読む。
⑤200打/min=1分間に200打キーボードを打ち込めるようになる。
⑥面白い文章を写経で10万文字打ち込む。

 

です!

 

うっわーと思いましたか?思いましたよね?
僕はやりましたよ!

 

大変でしたけどね、タッチタイピングとか全然出来ませんでしたけど、妻より遅かったですが、今は大体300打/minくらいになりましたですよ。

 

誰もやらないことをやらないと、目立つことは出来ないと師匠に教わったので、愚直にやり続けて今は趣味ブログ(今書いているブログ)を運営してみようと思ったんです。

 

本当は、ブログ何個か持っているんですけどね、趣味なのでついでにこんなのやってます。すいません。

という前提でアニメブログを考える

アニメブログのマネタイズを考えると、3つくらいかなと思います。

 

①トレンド記事量産でアクセス集めてグーグルアドセンスで稼ぐ(いわゆるトレンドアフィリ)
②悩み解決系記事を書いて、関連商品を売るブログを作って稼ぐ(いわゆるサイトアフィリ)
③ファン化ブログを作ってファンになってもらい、メルマガを発行してメルマガ内で商品を売ったりして稼ぐ(いわゆるDRM

 

で、これはステップアップでやっていくのが理想だと思っていて、①⇒②⇒③といけば割と楽に達成できるのかなと。

 

そうはいっても多分何度もやめたいと考えることになるでしょうが。

 

具体的に手順を説明すると、まずは時事系の記事を大量に突っ込むトレンドブログを作成。だがこれはファン化しないし、アクセスも記事を更新しないことであっという間に飛んでいくので、路線変更せざる負えない状況となる。

 

だが、記事を大量に書く経験にもなるし、若干の収益が比較的早く発生する可能性があるのでちょっとはやったほうがいいか?
モチベーションアップのためにも…。

 

ある程度報酬の芽が出始めたら、一旦ブログをつぶして悩みを解決するブログを新たに作成。

 

ターゲット選定をきちんと行い、その人がどんなことに悩んでいるか考えてから書き始める。

 

おすすめは、ヤフー知恵袋などで検索してみること。
これで市場の悩み分析がタダでできる。

 

悩み解決系で実績がついてきたら、いよいよファン化ブログの作成を行う。

 

ファン化ブログも悩み解決の応用なので、悩み解決ブログがきちんと運営されある程度の利益があるなら成功できるはず。

 

以上のように、成功には何度もブログを作り直す必要があるんですよ本当は。

 

ただ、世の中のほとんどはその一つのブログを成功のためにずっと更新続けたりします。

 

成功をもし求めるのであれば、成功するブログができるまで何度でも作り直す必要がありますね!

で、アニメブログで何を売るか?

残念ながらアニメブログとして売れるものを考えると、あまり数はないと感じています。

 

動画視聴サイトの紹介とか、アマゾン、楽天くらいではないでしょうか?

 

そうすると、稼ぐためにはアクセス数も大事だし、商品の紹介記事も必要ということです。

 

そしてよーく他のアニメブログを見渡すと、商品の紹介、レビュー記事からアマゾンか楽天か有料動画視聴サイトの紹介バナーを貼っているのがわかるかと思います。

 

要はそれくらいしかないことに気が付くはずです。

あれれ?売る物がないぞ?

 

超大手ブログでもアマゾンアフィリですから、顧客一人あたり単価はみんな低いんじゃないかと思います。

 

ネット上で自動的に収益が見込め、かつ成功する方法とは顧客あたり単価をいかに上げれるか?というところです。

 

そしてリピートです。

 

ブログではいかにリピートを増やすか、UUを増やしてリターンを増やす感じです。新規の率が低くなればリピーターがついているということなのでその辺を確認しつつ頑張りたいですね!

コミュニティを売るという方法

一番の一人当たり顧客単価を上げる方法はメルマガ販売へ移行させること、なのですがこれが難しい。

 

なのでアニメブログで言えば、コミュニティ運営とかいいんじゃないかと思うんですよね。

 

出会い系とかではなく、単純にオフ会を定期的に開いて交流の場を作ることで、参加者に喜ばれるような環境を作ったり。

 

うまく紹介ページを経由してもらって、登録し支払まで自動化させられればネット上で完結できるコミュニティビジネスができるかもと考えてます。

 

当然、同じブログを見て集まっている人たちなので、間違いなく話は弾むことでしょうし、余計な人は集まらないように誘導することも記事とかでできるので、そういった高度なことを僕はやってみたいと思ってます。

 

なんか、最近noteとかいうサイトを利用して誰でも有料記事を売ることができるようになりましたが、こういうのでお金を取ってもいいのかなと思います。

 

ただ、これは本当に有名になって記事が面白い!知りたい!と思われなければ購入されないですので、力が足りなければやめておいた方がいいと思いますね!

まとめ

こんな感じで、ブログで稼ぐということは様々なことを考えなきゃならないので、なかなか難しいです。

 

ゴミ記事の量産にはならないように僕も努力はしているつもりですので、何かリクエストなどあればどんな内容でも書くので練習をさせてくれればと思います。

 

今はまだこのブログは発展途上ですが、これからも引き続きアニメブログを頑張っていきたいですね!

 

ああ、最期に大切なことを一つ。

ブログはいやいややったら続きません!好きなことを書きましょう。

 

だから、アニメブログは楽しいですよ!ぜひアニメ好きなら利益度外視でも趣味としてやってみてもいいかと思います!

 

それでは、今回はこんな感じでした!

 

おわり

アニメを見ることは本当に教育に悪いのか?

f:id:anime9:20170813121929j:plain

 

こんにちは、オタキューです!

 

今回もアニメの楽しさを伝えるためにブログを書きますね!

 

教育と言えば、学校の教師だけが関係すると思う人は多いです。

 

でも、家で家族に何かを教えるように、友達に何かを教えるように、後輩に何かを教えるように人は誰かに教育することが実は多いんです。

 

なので、生きていくには教育について勉強しておくべきと、僕は考えていて中でも子供を優秀な人間になるよう育てるのは、親として大変重要な仕事ですし教育についてよく理解しておく必要があると考えています。

 

そこで、アニメを見ることによる教育効果ということで、実際悪いことって起こるの?ということをお話したいと思います。

 

アニメは関係ないよ

まずアニメ見たら人殺しになるとか、そういうことはないです。

 

僕の中では、教育する相手にこれはダメだよとか、やっちゃいけないよってことをどれだけ伝えられるか、理解してもらえるかにかかっていると思ってます。

 

要するに、教育によって将来が決まるということです。

 

蛙の子は蛙ということわざがありますが、ダメな親にはダメな子供しかできません。

 

離婚を繰り返す親には、離婚は当たり前という価値観が生まれるかもしれないし、不倫が当たり前だったら、将来子供が不倫するかもしれないし、家で手料理をあまり作らなければ、家庭の味すらわからないから自分の子供にはお金を渡して買ってこいとか言うようになるかもしれないし。

 

優秀な親でも、やり方を間違うと失敗しますし実際子供って成長してみないとよくわからないから、本当にうまくいっているのかもわからない。

 

子育てって難しいんですよね。

 

だから、アニメで言えば小学生とかでなんか見始めたとしてももうあまり関係ないのかなと思います。

 

0~6歳くらいは影響あると思いますが。

 

この年代が1番知識を習得するので、この時期にアニメを見させると悪い影響を与える可能性があるのは事実ありえるんじゃないかと僕は考えていて、じゃあ子供に見せるときは厳選して見せればいいのではないかと思うのです。

 

簡単に言えば、傑作を見せればいい。

 

人を助けるとか、守るとか、努力、友情、愛などを学べるようなアニメを見せればいい。

 

これは悪いことだということが具体的にわかるようなアニメを見せればいい。

 

だから、子供には絵本を読ませるし、童謡という物語が長い間伝わってきている。

 

それがアニメに変わっただけだとしたら、幼少期の教育としてはかなりいい影響を及ぼすのではないでしょうか。

 

僕なりの教育論について

僕が考える教育のやり方として、家の方針を決めることがもっとも重要だと考えています。

 

これは、大事にしていくことを決めるというか、家族の信念のようなものですね。

 

人に優しくしましょうとか、助けましょうとか、勉強しましょうとか、悪いことはしないとか。

 

これだけはやるとか、やってはいけない!というようなことを決めるのです。

 

そしていいことをやったら褒め、悪いことをやったらなんで悪いか?ということを教えると。

 

そうして子供がその家の価値観に教育されていくのです。

 

だから、アニメを見てはいけないよ、あれは低俗なものだよと子供に教え込むことで、将来アニメを毛嫌いする人間が生まれるかもしれないし、反対にアニメ見るのは当たり前、ゲームするのは当たり前という価値観があれば、誰かにアニメに対してネガティブなことを言ったりはしないですね。

 

そういったことを考えると、いかに家の教育が重要か理解できると思います。

 

アニメが好きになるかどうかは、幼少期にすでに決まっているということです。

 

芸術作品として考える

では、厳選して見せればいいということで、それは詳しい人の腕の見せどころなのですが、そういった部分に関しても僕は情報提供していきたいと思ってます。

 

正直なところ、そう言う視点でブログなどで情報発信している人は皆無です。

 

アニメで悪い影響しか与えないような、頭の悪い作品は死ぬほどあるので、本当にいい作品を厳選して紹介するような人が必要なのです。

 

やっぱり人殺しするアニメとか、人を騙したり、騙されたり、といった作品などは特に注意したいですね。

 

積極的に見せたいのは、教育効果が高そうで面白いアニメとかがいいですよね。

 

そういった部分で考えると、マジでジブリが最強です。

 

芸術性、教育効果、成長や努力、優しさなど全て学べますのでオススメですよー。

 

そしてディズニー映画もいいですね。

 

やっぱり一般的に有名で支持を得ている作品というのは、それだけの理由があるんです。

 

面白いというのも、何度も見れるということなので重要ですし。

 

子供は面白いと思わないとすぐに見るのをやめるので。

 

難しいアニメのうまい使い方

話が難しいようなアニメは、ちょっと大きくなってから見せるといいかもしれません。

 

ただやっぱり面白くないと見ないので、傑作を探して見せないとダメだと思います。

 

やっぱりこっちでも、繰り返し見れるものが重要かと思います。

 

そして、そのアニメの内容を子供とお互いに話すことです。

 

そうすると内容を体系的に話す訓練ができ、頭の回転が早くなり、考察力、想像力などが高くなります。

 

これはゲームとかにも言えることなんですがね、難しい謎解きをすると頭が良くなるみたいな、そんな効果が見込めると思いますよ。

 

まとめ

今回は自分なりの教育論をまとめてみました。

 

結局のところ、子供は親次第でいかようにも変わるということです。

 

アニメを見せたくなきゃ見せなければいいし、見るな!と教育すればいい。

 

だけど、将来的にはどっちがいいか?

 

その場凌ぎでアニメを禁止にするのではなく、長期的に考えて子供にどういう影響を及ぼすのか?とよく考えてから教育をすることが重要だと思います。

 

ちなみに僕は家族みんなで観ていますよ!

 

そんな感じ!

 

終わり

魔法少女リリカルなのはReflectionの視聴感想

f:id:anime9:20170730223118j:plain

 

こんにちは、オタキューです!

 

今回は魔法少女リリカルなのはReflectionの視聴感想を書いていこうと思います。

 

僕の評価

前提条件:評価はSを最上位とし、ABCDまでの5段階評価とします。

項目は①作画、②脚本、③音楽の要素を評価します。

 

魔法少女リリカルなのはReflection

①作画:S

②脚本:B

③音楽:A

 

評価項目については下記を参考にしてください。

anime9.hatenablog.com

僕の総評

続くの!?

1話完結だと思っていたら続き物でした。

 

ということで現状ではまだ完全な感想は書けませんが、やはり劇場版ということで作画は気合の入った感じです。

 

ストーリーは星を救うため地球へ!みたいな感じ。

 

やたら強い新キャラと、次々とトランスフォーマーする重機たち。

銃成分多めのアクションとなっております。

 

過去回想が多いので、前の映画も見ようかな…と思わせたいのかな?

 

まあファン向けには大変満足のできる作品ですが、新規だと登場人物が多いので訳分からないと思います。

 

作品考察、感想の詳細(ネタバレ注意!)

あらすじ

荒廃によって静かに滅び行く惑星エルトリア。
死にゆく土地に残った家族、フローリアン一家は「惑星再生」を夢見て研究を続ける研究者夫婦と、2人の娘・アミティエとキリエの4人家族。
しかし父親であるグランツ・フローリアンが病に倒れ、惑星再生の夢が潰える。
そんな中、キリエは「遥か遠い異世界」に父の救済と惑星再生の希望を求める。
そんなキリエを止める姉のアミティエだったがキリエは姉の制止を振り切り、幼馴染みで親友のイリスとともに、遥か遠い異世界への旅に出る。
行き先は「地球」と呼ばれる星の極東地区の小さな島国、日本。
惑星再生の夢を叶える「鍵」を探索するキリエとイリスは、日本で暮らす3人の少女たちのもとへ向かう。
少女たちの名は「高町なのは」「フェイト・T・ハラオウン」「八神はやて」。

その出会いは、二つの世界と二つの惑星の命運を賭けた戦いへと繋がってゆく―。

魔法少女リリカルなのは Reflection 公式サイト

 

とりあえず、なんかデジャブ感満載のストーリーでした。

 

重機が盗まれまくって、なんだと思ったらトランスフォーマーのような技術か知らんが、重機がモンスターのようになり襲い掛かる。

 

キリエとアミティエは、高性能スーツのようなものを着ていて、その状態だとなのはやフェイトを余裕で倒してしまうほど強い。

 

えらく強さのインフレを感じた。

 

どうやら永遠結晶というものを見つけないと、星を生き返させられないらしく、その情報が闇の書に書かれているということで、はやてちゃんが狙われることに。

 

キリエが普通に強かったので、闇の書は奪われ、イリスが情報を検索。

さらにイリスは闇の書の中から古の王の記憶を呼び起こし、臣下も含め3人の敵を召喚する。

 

この敵が結構好みだったんだけど。王様のセリフの言い回しとか技とか厨二病心をくすぐりまくる!かっけえ。

 

で、またA‘sのときのように敵の技術をパクッて一段階強くなることに。

 

イリスは、キリエが小さい頃から時間をかけて洗脳して、地球にいけばどうにかなるよ!なんて言ってキリエを吹っかけるが、本当の目的は永遠結晶を見つけて中で封じられているユーリとかいうやつをぶっ飛ばしたかったらしい。

 

イリスのクズっぷりはやばいが、永遠結晶っていうかユーリが星をぶっ壊した元凶じゃね?って思いましたが本当かどうかはわかりません。

 

ていうか、ユーリさん近づいただけで生命力を奪うとか、マジやばくね?

 

そしてスーツ着てれば影響が少ないというフラグを、瞬時に回収してなのはさんが高性能スーツ技術をパクったスーツを着てドヤ顔で登場し次回へ…という内容でした。

 

まあでも、みんな平等に出番あるし、僕の好きなヴィータちゃんも活躍するので満足かな。

 

もう完全に新規お断りになってきた感が否めず、そこらへんが残念かなーと。

 

でも、あいかわらずアクションは凄いし、音楽もかっこいいし、長年のファンに対しては非常におもしろいと思います。いい意味で言えばファン用映画なのかな。

 

ファン用映画と言っても、もう初代から10年以上経過しているという衝撃的事実に震えてしまいそうになりますが、まあそれは考えないことにしましょうw

 

とりあえず僕がこの作品を他人に薦めるときは、とりあえず他作品を見てから見たほうがいいよ!と言いますね!

 

そんな感じでした!

 

おわり

アニメで使われる楽曲は全てアニソンになるのか考えてみた

f:id:anime9:20170813121426j:plain

 

こんにちは、オタキューです!

 

今回もアニメの楽しさを伝えるためにブログを書きますね!

 

最近アニソンらしいアニソンって少なくなりましたね。

 

アニメの登場人物やアニメ名を熱唱するような、いかにもアニソン!みたいな歌はもっとなくなりました。

 

ここ最近で言えば、ジョジョのアニメで使われている楽曲はかなりアニソンしてて、よかったですね!僕もたまに歌ってます。

 

ということで今回はアニソンの定義についてお話します。

 

ドル売りが嫌い

アニメタイアップ等でアイドルのように扱われている声優が、主題歌を歌うことも多くなってきました。

 

僕はアニメに使われる楽曲からBGM、声優ももちろんですがSEに至るまでアニメを見ているときに気になってしまうので、最近ではなかなかこれらの要素がバランスよく配置されているアニメは見なくなったなーって印象です。

 

こだわらない人の方が大多数だと個人的には感じているんであれなんですが、アニメの要素として重要な『音楽』という部分において、僕は結構気にするのです。

 

そこで話題を戻してアニソンの話ですが、声優のドル売りが進むので『うおー!熱い!熱い曲だぜぇ!!』って曲がマジで出てこないです。

 

ていうかアニメとあってないじゃん…みたいな。

アニメを売りたいのか、声優を売りたいのかよくわかりませんね!

 

確かに普通にアイドルばりに可愛い声優さんが増えてますし、時代の流れなんでしょうかね、歌があまり得意ではない声優さんも強引に歌わせている節があるし、気分はあんまりよくはない。

 

ていうかさ、声優なんだから演技で売れよ!っていう普通に思いますけどね。

 

僕はまどマギ悠木碧さんが好きになったんですが、最近歌ばっか歌っているけどあんまり上手じゃないんですよ!悲しいことに!

 

本当は歌いたくないのかもしれないし、なんだか複雑な気分になっちゃいますよね。

 

アニソンって、結局何がアニソンになるのか?

アニソンの定義ってなによ?って思いません?

 

僕はやっぱり宇宙戦艦ヤマトのような、ドラゴンボールのような、初代ガンダムのような歌がアニソンではないかと思うんですよ。

 

それ以外はアニメについているただの歌なんじゃないかって。

 

そういうのでもいい曲はいっっっっぱいありますけどね!

 

スラムダンクのOP、EDの名曲の多さとか、るろうに剣心とか、シティハンターとか。

 

名探偵コナンなんてB'zと倉木麻衣ばっかだしね、普通の日中にアニメやってたときはそういうの当たり前だったし、アニソン気持ち悪いとか言われてなかったのは、今思えば不思議だったなあと。

 

話が逸れましたが、深夜アニメに限ればもう声優ばっかりだと、たまに普通に歌う人もいるけどちょっと違うやろと。

 

マクロスシリーズくらい吹っ切れば逆にいいんですけどね!

 

いい曲だけど!ちょっと違う気がする!みたいな。そう思うアニメは多いです。

 

売れるアニメというのは、その辺が全て辻褄が合うというか相乗効果が起きて爆発する感覚なので、例えばコードギアスとか化物語とかまどかマギカとか。

 

君の知らない物語なんて、カラオケランキング常に上位ですからね。

アニメがよくて良曲だと息が長いです。

 

そういった感じで、アニメにシンクロすることで、正しいアニソンになり得るのではないかなーって思います。

 

アニソンはアニメとのシンクロ率が重要

そんなことで、アニソンはそのアニメとどれくらいシンクロするか、というのが重要かと思います。

 

ずれがあれば不自然ですし、アニメの情景も連想されませんので曲聴いたら『ああ、あのアニメの曲か』なんて思い出せない可能性があります。

 

多分、『あのバンドの曲か』とか、『あの声優グループの曲か』という考えが先に来るはず。

 

きっとあのアニメの曲か!って思い出せる曲が、アニソンと言っても差し支えないでしょうね。

 

さらに上にいけば、この曲はこの場面で使われてどーのこーのという連想が可能になります。

 

どっちかというと、これはBGMとかに該当するけれど。

 

いいBGMというのは、その曲が流れていたワンシーンを思い出せないようでは、たいしたことないBGMだったということになるでしょうね。

 

アニソン好きの悩みについて

余談なんですけど、僕はよく困るのがカラオケとか行ったときに『ああ、アニソンしか歌うものねえ…』っていう悩みが発生することです。

 

あなたも感じたことがあるのかもしれませんが。

 

人には会社の同僚だったり、友達だったり、合コンだったりといろいろなお付き合いがあるので、なかなか仲のいい友達の前ではないとアニソンを歌えないことが多いです。

 

それでも歌ってしまう勇者はいいんですが。

 

アニソンを歌うことが普通になってしまうと、結構こういう悩みを抱えてしまいます。

 

こういうときは、普通の曲で知っている曲を歌っている人がいるときに、一緒に歌ってしまえばいいんじゃないかと思います。

 

盛り上げつつ、ちょっと歌うと。

それで周りの人たちに歌ったよ!ってアピールしてしまえばいいんじゃなかろうかと。

 

その後はひっそりとちびちび飲んだりしていればいいんじゃないでしょうか。

 

周りが酔っ払っていれば意外と気がつかれないですよ。 

 

まとめ

僕はアニメではとにかく音楽の重要性を第一に考えてます。

 

他にも重要な要素はたくさんありますが、あいて優先するものは?と言えば『音楽』の部分になります。

 

これは、アニメ監督が力を入れない場合が多いからです。

 

これでアニメの力量が一瞬でわかるので、面白いアニメが何かすぐにわかるようになりますよ。

 

この辺の話は別のブログ記事で書いておりますので参考にしていただければと思います。

 

anime9.hatenablog.com

 

では、今回はこんな感じで終わりまーす。

 

それでは!

魔法少女リリカルなのはの映画がやっているらしいので見に行きたい

f:id:anime9:20170730223118j:plain

 

こんにちは、オタキューです!

 

今回はちょっとした雑記です。

 

なんか最近映画やってるらしいんですよね。

リリカルなのはって、オタクの中では知っている人は多いと思います。というか、オタクの中で生きると大体耳に聞くアニメです。

 

声優である田村ゆかりさんと水樹奈々さんは、この作品で有名になった感じですよね。

 

ちょっと調べてみたら、第1期は2004年とかだったんで結構前から始まったんだなーってしみじみしてしまいました。

 

まさに僕の現役世代!やべえよ19歳とかだよ…。

 

元々リリカルなのはというか、なのはというキャラクター自体はエロゲのスピンオフから生まれ、レイジングハートもリリカルもそこから来たんですよねー。

 

コミケでは、『なのは完売』とかいう情報戦も繰り広げられ、みんなこぞってグッズを手に入れるために血で血を洗うような戦争が行われていました。

 

今はだいぶ世代交代が進んできたので、あまり完売ネタは聞かなくなりましたね。

 

さて、そんななのはですが、最近新作映画が始まったようです。

なんか荒廃していく惑星を巡ったお話のようです。

 

惑星というからには、多分なんか原因の悪いモンスターみたいなのがいて、それをぶっ潰す的ないつもの流れなんだろうなーって思うんですけど、見るの楽しみですね!

 

7/30に見にいくので!見たら評価記事でも書こうかなと考えております!

 

今回はそんな感じ!

 

おわり 

アニメの円盤はBOX出るまで待つか単体で買うか?

f:id:anime9:20170813122241j:plain

 

こんにちは、オタキューです!

 

今回もアニメの楽しさを伝えるためにブログを書きますね!

 

円盤たけえって思いません?

何で2話しか入ってないのに6000円とかすんの?ヤバくね?

 

布教活動しようにも、コストが高すぎるしそれでいてアニメーターにはお金が支払われてないという現状がおかしいとは思わないのか?えぇ?バカなの?

 

そりゃ少しでもそっちに回ってくれるならいいんですけどね、ただ外国製のブルーレイとか逆に安すぎてビビりますよ。

 

逆輸入になるんですかね、なんか全話入って7000円とからしい。

 

お前それ日本でやれよと。日本人は金を出すからいい!みたいな空気感を感じるよ!

 

まあ、とりあえず愚痴はこれくらいにしますが、円盤って高いんですよね。

 

でも、俺は今!このアニメを全力で追いかけているんだー!!っていうマラソン感を味わいたい人がいっぱいいるので、それでも買う人は多いです。

 

最終巻まで購入を継続することを、アニメマラソンって言うらしいですよ。

 

というかアニメオタクだったら買いますよね。買わないとダメって訳ではないですが。

 

僕も結構買ってました!けど一時期資金難で一旦全て売り払ってしまったので、今は持ってないですね。

 

いずれは、シアタールーム作ってプロジェクターでお気に入りのアニメBDをガンガン見るんだ!と夢見てます。

 

そんな感じで、今回は円盤について語ろうかと思います。

 

BOXを買うタイミングをどうするべきか

なんかさ、結構前のアニメとかならわかるんだけど、ようやくマラソン終わったー長かったなーって感慨にふけていると、BOX出すわ!よろしく!とかお前はえーよ!ってことありません?

 

オタクの鑑のような人であればBOXも買っちゃうんでしょうけど、普通のオタクレベル2くらいの人はそんな冒険はしなくてもいいんじゃないかな。

 

どうせ出すやつら(アニプレやらなにやら)はきっと目が$になっていることでしょうし。

 

それはさておき、BOXは通常買う円盤よりまあセット価格になるので安くなる場合が多いです。

 

なので、単純に見るだけのために円盤を買うのであれば、BOX待ちでもいいのかなーって思います。

 

でも、なんか出さないBOX出さないアニメも結構あるんですよねー、そこが怖いところです。

 

じゃあ追いかけちまうかと、バッドラックとダンスっちまうかと妄想するんですが、まあそうするしか手立てはないのかなーって。

 

だってBOX出るの待ってたら、初回生産限定版が売り切れになってプレミア価格ついたらいやじゃない?

 

なんか、化物語なんて一時期そんな感じだったけど、くそーおれちゃんと集めておけば!むしろBDで買っておくべきだった!と後悔していましたがBOX出るって決まった瞬間、転売屋が消滅したけどね!

 

あれはいい気分だったなあ。

 

単体で買ってもいいのか?

ということで、とりあえず最初に出たやつ買えばいいんじゃない?

 

BOXって結構売り切れること少ないので、だったら初回生産限定版を先に手に入れて、ゆっくりお金を用意してBOXを買えばよかろうと思います。

 

で、BOXって布教用に大変便利な代物でございます。

 

なんてったって、一つ渡せば全話見れますからね、薦めるのも楽ですよ。

 

僕はBOXあんま好きじゃない派なんですがね、見るだけならやっぱりBOXだけどコレクションとしてというか、本当のファンとして円盤を買うなら初回出た瞬間に買うんだろうなって思います。

 

さらに逝っちゃった人は、3~4つくらい買うんでしょうね。

 

あー、そうそう、あの最近AKB商法とか言われるチケット付きのBDとか大嫌いです。

 

お前、そんなせこいことで売上上げたいのかと、アニメが泣いているぞと問い詰めたい。

 

ラブライブも売れたし、面白かったけどそういうのがあって僕は買ってませんよ。

 

やっぱり売上上げる方法としては、単純にアニメの面白さとか、凄さだけで勝負して欲しいですね! 

 

結局資金さえあればどっちでもいい?

そりゃね、お金さえあればーって話ですよ。

人間は欲深いですから、僕だって買えるなら視聴用と布教用と保存用って3つくらい買いたいですよ。

 

さらにグッズやら公式ファンブックなるものやら、はたやぬいぐるみなども買ってしまうでしょうよ。

 

僕にはその財力はありませんでした。

 

でも、そこまでやったらオタクなんだとか、そういったことは全然ないし自分が熱中して楽しめていればそれで充分なんじゃないかって思います。

 

いやほんと、お金は大事ですけどね!

 

まとめと言う名の蛇足

僕はね、夢があるんですよ。

自分のBD棚をどーん!と作って、悦に浸ったりする生活をしてみたい!

 

100万くらいするリクライニングシートに座って、ワイン片手にプロジェクターでガルパンの劇場版が見たいなーとか思うんですよ。

 

たまになんて洋画とかも嗜んだりしたりして!

 

そんぐらいのことができればおそらくお金に困ってはいないんだろうから、上記で言ったレベルが高いことは全てできる気がしますね!

 

そんな感じ!

 

おわり 

アニメ関係最大のイベントコミケに参加するときの注意事項

f:id:anime9:20170811112436j:plain

 

こんにちは、オタキューです!

 

今回もアニメの楽しさを伝えるためにブログを書きますね!

 

コミックマーケット、通称コミケと呼ばれるおそらく日本最大のアニメの祭典が毎年夏と冬の2回行われています。

 

そこでは、アニメ会社、エロゲ会社、フィギュア、パチスロなどの商業ブースと一般の同人ブースで様々な商品が販売されます。

 

そのイベント限定品というものが多いので、早朝から長い時間並び手に入れるために高度な情報戦も繰り広げられることでも有名です。

 

しかし、実際のところリアリティある現場の状況というのはなかなかわからないですよね。

 

僕はもうしばらく行っていないですが、一時期は毎年参加し4~5万使うほどの人間でしたので、今回はコミケのお話をしていこうと思います!

 

参加における大前提

まず気をつけなければいけないのは、あなたがもしコミケに参加するとしたら『お客様意識』をなくさなければならないです。

 

理念

現在のコミックマーケットが、理念として掲げているのは以下の内容である


コミックマーケットは同人誌を中心としてすべての表現者を許容し継続することを目的とした表現の可能性を広げる為の「場」である。

 

コミックマーケットは、サークル参加者、一般参加者、スタッフ参加者、企業参加者等全ての参加者の相互協力によって運営される「場」であると自らを規定し、これを遵守する


コミックマーケットは、法令と最低限の運営ルールに違反しない限り、一人でも多くの表現者を受け入れることを目標とする


コミックマーケットは、全ての参加者に取って「ハレの日」であることを願い、継続を最大の役割として行動する

コミックマーケット - Wikipedia

 

上記のように、コミケでは全員が参加者ということになっているので、買ってやっているみたいなことを思ってはならないです。

 

共に助け合い、楽しみながらコミケに参加しましょう。

 

これは昔に比べてライトなオタクが増えた影響で、来てやっているんだからありがたく思え的な考えを持った人や、ゴミを持ち帰らずに駅周辺を汚す人が増えたことからも、コミケに参加するオタクのマナーが注目されています。

 

オタクの祭典として揺るぎない地位にあるわけですから、そこに集まるオタクがオタクの基準と決めつけられてもおかしくありません。

 

ですので、みんなの模範となるような参加を心がけたいですね!

 

徹夜禁止

徹夜、ダメ絶対。

 

僕も徹夜したことありますけど、楽しいですよね。

 

朝まで待つワクワク感、堪りません。

そして欲しいものは大体手に入る魅力もあります。

 

でもやっぱりフェアではないと思ってます。

 

僕はイベント感を楽しみたくて、友達を連れて前日の23時から並び、朝まで待ってたこともありましたが、意外にそれでも欲しい商品が買えないようなときもありました。

 

だから結局そんな頑張んなくてもいいんじゃないかって。

 

チケット組とかいうちょっとチートみたいな人達もいるのでね、徹夜で絶対っていうのはないです。

 

チケット横流しで参加するような人も中にはいたりして、あいつらクソだなって!

僕も同じじゃん!w

 

ちゃんと始発で来ようよ!せめて5時から並ぶとか。

 

みんながそうすればいいんですけどね!永遠の課題な気がします。

 

それでも、運営さんはうまく誘導したりして凄いですよね。

1日5万人とかをボランティアの人達が捌けるとか、正直いって狂ってるほど凄い!

 

それに気がつくのは別のイベントとかに参加したときですね。

もうコミケスタッフ連れてこいよ!って思うときが結構あります。

 

意外と誘導技術って伝わらないんですかね…余談でした。

 

参加するときの準備

コミケは実施のタイミングが夏と冬しか今はないですが、どっちも結構待つのがしんどいです。

 

夏はマジで真夏だし、冬はマジで真冬だし。

 

そこで、結構準備する必要があるものがあります。

 

【夏のコミケの場合】

夏は暑いです。下手すると死ぬので、水分をよく取りましょう。

凍らせたペットボトルとか、タオル、着替えなどは持っておくと助かります。

 

トイレも一応あるんですが並ぶ羽目になるので、オムツしてくる猛者もいたりしますがそこまでは必要ないと思います。

 

まあくる前に十分に出しておくのがいいかと。

 

とにかく飲み物ですね!救急車は数台待機しているので何かあってもすぐ連れていってくれますがお金結構取られるので…。

 

【冬のコミケの場合】

冬は海が近いので寒いです。

冬は夏と違い着込めばオッケーだと思いますが、あえて言うならカイロとかですかね。

 

後は夏と大体一緒かなーって感じです。

 

楽しいのはわかるけどはしゃぎすぎない

最近よく待機列で並んでいる人が大音量で音楽流して踊ったりしてるらしいですが、こういう人に言いたいのは、まあとりあえず落ち着けということです。

 

楽しいのはわかるんですけど、人様に迷惑をかけるんでねーよと小学校とかで言われませんでした?って思います。

 

普通のイベントだと思って勘違いしている節もあるような気がしますけれども、コミケだウェーイ!!とかニコ動アップするおってやったりしたりして、ほんと迷惑なんです。

 

コミケのカタログ(電話帳のような、凶器のようなもの)にもしっかり記載されているのに、なぜにそうなってしまうのか?きっとしっかり見ないんでしょうけど。

 

ていうか、カタログないと入れなかったっけ?どうだっけ?
でも参加者は必ず見るように言われてた気がするんだけどなー変わったのかな。

 

まあ、僕はいかなくなってから5年は経っているので、制度も変わるんだろうということで納得するしかないが、とりあえず普通に参加しろと。

 

アニメオタクというか、オタクという人種は基本的におとなしい生き物なはずなのにそんな人もまざってしまうようになってしまったんだな…って思うと複雑ですよね。

 

昔は粛々と並んで始まりと同時にわー!!って拍手して、普通に黙って並んで購入するオタクばかりでしたのに。

 

アニメの市民権が得られるのも考え物ですね!

まとめ

結局注意事項と言っても、普通のまともな大人として参加すればいいんじゃないかと。

 

体調には十分気を付けて、準備を整えてから参加することです。
本当に、妥協せずに準備することが大事です。

 

一つだけ知っておいてほしいのは、ここはオタクの戦場です。

 

子供連れでちょっと行ってみようかな…とかいうディズニーのような場所ではありませんので注意してくださいね!

 

劣悪な環境で、数万人の人、人、人!

 

そして匂いが気になる…ていうか臭いときも。たまに漏らす人いるし、体調悪くなって吐く人もいるし。

 

並んで入るだけで3時間とか待たされたり…。

 

それでも楽しいですけどね、コミケってそういうものですので油断するなってことです!御武運を!

 

※ちなみに2017年度は8月11日~8月13日の3日間開催です。